カードローン審査基準は様々

カードローン審査は金融機関によって基準が決められており、一律ではありません。
そのために基準の甘いところもあれば、厳しいところも出てくるわけです。
利用者にとっては基準を甘く設定しているカードローンのほうが都合が良いわけですが、実際には申し込んでみないとわかりません。
また、基準が違うということは、ある金融会社から落とされたとしても、別の金融会社では通る可能性があるということでもあります。
だから、一回審査に落ちたからと言って、諦めるのは早すぎます。
しかし、条件は絞らなければならなくなるかもしれません。
たとえば、金利が低く、返済も楽な金融機関を利用したいと思っていたのに、そこが通らず、金利が少し高く、返済がやや大変になる金融機関になってしまうこともあるということです。
これは仕方がありませんね。
金融機関ごとに金利や返済方法、融資限度額などが違いますので、まずはよく比較し、研究してみることが大切です。
そして、利用したい優先順位を決めて、高いところから順に申し込んでみると良いでしょう。
基準が甘いか、厳しいかを教えてくれるサイトもありますので、参考にすると良いと思いますが、自分もその通りあてはまるかどうかはわかりませんので、あくまで参考程度にしておくのが良いと思います。