3Kg痩せた時間帯に気を付けた食事ダイエット

私は炭水化物の摂取方と食べる時間帯を変えた食事ダイエットによって、二カ月で3kg減のダイエットに成功しました。
私の食事ダイエットは全く食べないのではなく、食べる時間と食べるものでコントロールしています。
それまで体脂肪の割合が多く、スポーツジムに行って身体を動かしているにも関わらず痩せないことに悩んでいました。太っていたころの食生活は酷く、仕事が多忙な事もあって、残業する時は18時以降にまずお菓子を食べながら残業し、仕事が終わると夜10時以降に帰宅して梅酒などの甘い酒を飲みながら大量の夕飯を早食いするという悪習慣が続いていました。このままの食生活では痩せないと思い、食事ダイエットをすることを決意しました。

その方法としてまず、夕食時には米類の炭水化物をとらないようにしました。肉や魚、野菜といったおかずをメインにとり、米などの炭水化物は昼食時にとるように心掛けました。また、遅い時間に帰るとお腹が空きすぎてドカ食いをしてしまうため、なるべく残業しないように早めに帰宅し早めの時間に夕食を食べられるように心がけました。夕食時にはお酒も週に2度ぐらいに抑えるようにしました。
どうしても仕事で遅くなる場合には、帰った時にドカ食いしてしまわないよう残業開始時間にひとまずバナナなどの消化の良いもので空腹感を見たし、帰ってから大量に食べすぎないように心掛けました。

このような食事ダイエット方法を2カ月ぐらい続けると体重が3kgも減少していました。
周りからも痩せたと頻繁に言われています。私の場合は炭水化物抜きダイエットと言っても、炭水化物を全くとらない食生活にしていると仕事への活力が出ない為、昼食時にしっかりとるようにしています。
食事ダイエットと聞くと、全く食べなくなったり甘いものを控えるというイメージが強いですが、私は食べるのを我慢するのではなく、食べる時間帯を気にするだけで痩せることは十分可能だと思っています。
食べたいものを我慢するのではなく、食べるべきものは食べるべき時間に食べるというのが無理のない食事ダイエットだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です